抗体のヒト化 抗体のヒト化

抗体のヒト化

Antibody Humanization
  • アフィニティ保証
  • 4週間でヒューマニゼーション完了
  • IgG、scFv、Fab、VHHなどに適切

サービス概要

リコンビナント抗体技術は目覚ましい進歩を遂げ、臨床的に大きな成功を収めています。しかし、治療薬としてマウスモノクローナル抗体を使用する際の主要な課題は、それらの免疫原性による人間の反マウス抗体(HAMA)反応です。この反応は、人間が外来タンパク質に反応し、免疫複合体の形成から合併症を引き起こし、抗体治療が無効になることがあります。この問題に対処するために、遺伝子工学技術を用いてキメラ抗体が作成されました。これは、人間の恒常領域と、関心のある人間の抗原を認識するマウスの可変領域を組み合わせることで、抗体特異性を保持します。1

抗体のヒト化サービス概要

抗体のヒト化は(Antibody Humanization)、マウスの抗体をヒトの抗体により類似するように改変することでさらに発展しました。これは、CDR(補完性決定領域)グラフティングによって行われます。非ヒトの抗体のCDRは、高い相同性を持つヒトの枠組みに移植されます。一般的に、バーニア領域のいくつかの残基(枠組み領域のマウス残基)も保持されます。これは、CDRループの構造と抗体親和性に影響を与えることが示されています。最終的に、ヒト化された抗体は、マウスやキメラ抗体よりも人間に免疫応答を誘発するリスクが低いです。

抗体のヒト化概要

ハイライト

アフィニティ保証

  • 親抗体と比較して親和性を保証いたします(3倍未満の低下)。
  • VH/VLそれぞれについて5つ以下のバック変異があり、VHHについては7つ以下です。
  • 指定された親和性が達成されない場合、費用は発生しません。

短納期

  • ヒト化抗体(Humanized antibody)をたった4‐5週間でお届けしています。
  • ヒト化抗体デザインにおける10年以上の経験と専門知識を持っています。
  • 4千を超えるヒト化抗体の成功した製造実績があります。

最適な機能性

  • 完全な結合定数(full KD)に関するBiacoreを使用した親和性検出レポートを提供します。
  • また、FACS(蛍光活性細胞分選)フローサイトメトリーを使用して、お客様のヒト化抗体を検証することも可能です。

作業フローチャート

遺伝子合成

プラスミドの構築及び準備

トランジェント発現

アフィニティ精製

厳密な品質管理

アフィニティ・ランキング

抗体のヒト化
サービスの詳細

ステップ 詳細 作業時間 納品
ヒト化抗体配列の設計
Design of humanized antibody
  • バイオインフォマティクス解析
  • 3次元構造モデリングとバックミューテーションの確認
  • ヒトジャームライン選択
  • インシリコCDR移植
  • 配列最適化
2-3日
  • デザインされたヒト化抗体配列
9~25デザインされたヒト化リコンビナント抗体を産生
Humanized antibody recombinant production variants 9 to 25
  • コドン最適化と遺伝子合成
  • 発現ベクターへのサブクローニング
  • トランジェント 発現
  • 精製
  • QC分析
2週間
  • テスト用の精製されたヒト化抗体
アフィニティ・ランキング
Affinity Ranking
  • Biacore 8Kを用いた可溶性抗原による親和性測定
1週間
  • レポート

事例研究

  • Case 1:

    The affinity of humanized antibody (measured by SPR, Biacore 8K) is comparable with the parental antibody.

    Antibody A
    Antibody A
    Humanized Antibody A
    Humanized Antibody A
    The affinity of humanized antibody is comparable with the parental antibody.
  • Case 2:

    The parental antibody is VHH. Based on the SPR results, the affinity of humanized antibodies is similar to that of the parental antibody.

    Antibody Humanization Case 2
"As a scientist at Biointron, my team’s collaborative spirit and shared commitment to excellence creates a positive and dynamic environment where I am encouraged to work to the best of my ability. Combined with cutting-edge technologies, you can be confident in the quality of our antibody humanization service.”
Jiwen Du
Jiwen Du
Antibody Optimization Team

FAQs

  • What is CDR grafting?

    Complementarity Determining Regions (CDRs) are the antigen-binding regions of an antibody, and they play a crucial role in determining the antibody's specificity and affinity for its target antigen. In CDR grafting, the CDRs of a non-human antibody are transferred or grafted onto a human antibody framework. This process involves molecular modeling and structural analysis to ensure that the grafted CDRs fit properly into the human framework.

  • Why are back mutations needed?

    CDR grafting can lead to a partial or complete reduction in affinity. To counter this effect, certain amino acid residues from the murine framework sequences must be preserved and reintroduced at the corresponding humanized antibody sequence positions. Back mutations are performed iteratively through computational modeling and experimental validation to fine-tune the humanized antibody, ensuring that it retains its target specificity and functional properties while minimizing its immunogenic potential.

  • What applications are there for antibody humanization?

    Antibody humanization made it possible to use antibody therapeutics directed against diseases that require long-term treatment, such as cancer and autoimmune diseases. For example:

    • mAb cancer immunotherapy to treat melanoma, lung cancer, head and neck cancer, Hodgkin’s lymphoma, and stomach cancer.
    • IgG4 mAb HIV treatment as a CD4 domain 2-directed post-attachment HIV-1 inhibitor, for adult patients who were previously treated and are resistant to other available therapies.4

参考文献一覧

  • Pornnoppadol, G., Zhang, B., Desai, A. A., Berardi, A., Remmer, H. A., Tessier, P. M., & Greineder, C. F. (2021). A hybridoma-derived monoclonal antibody with high homology to the aberrant myeloma light chain. PLOS ONE, 16(10), e0252558. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0252558
  • Safdari, Y., Farajnia, S. (2013). Antibody humanization methods – a review and update. Biotechnology and Genetic Engineering Reviews, 29(2), pp. 175–186. https://doi.org/10.1080/02648725.2013.801235
  • Harding, F. A., Stickler, M. M., Razo, J., & DuBridge, R. B. (2010). The immunogenicity of humanized and fully human antibodies: Residual immunogenicity resides in the CDR regions. MAbs, 2(3), 256-265. https://doi.org/10.4161/mabs.2.3.11641
  • Lu, RM., Hwang, YC., Liu, IJ. et al. Development of therapeutic antibodies for the treatment of diseases. J Biomed Sci 27, 1 (2020). https://doi.org/10.1186/s12929-019-0592-z

カスタムサービス&プロダクト品

お客様の利便性を向上させるためにクッキーを使用しています。詳しくは プライバシーポリシー をご覧ください。