ハイスループットリコンビナント抗体発現 ハイスループットリコンビナント抗体発現

ハイスループットリコンビナント抗体発現

HTP Recombinant Antibody Production
  • 作業時間: 2週間
  • ハイスループット
  • カスタムサービス

サービス概要

ハイブリドーマ技術、ディスプレイライブラリ、シグナルB細胞の分選/シークエンシング、および計算モデリングなどの抗体開発技術の進歩により、一度に数千種類のモノクローナル抗体(mAb)をスクリーニングできるようになりました。しかし、「最適な」抗体治療薬を特定するには、高スループット(HTP)発現プラットフォームを使用して迅速な抗体生産と評価が必要です。


Biointronの高スループットのリコンビナント抗体(組み換え抗体)発現プラットフォームは、業界トップクラスの位置にあり、すべての生産を2週間で完了することができます。Biointronは、HEK293またはCHO細胞を使用して、異なるスケールでの迅速な大量の抗体発現を行う柔軟性を提供しています。これにより、大量の生産時間と費用を節約することができます。

ハイスループットリコンビナント抗体発現 Overview

ハイライト

作業時間: 2週間

  • 2週間 (配列合成から抗体精製まで)
  • インハウス遺伝子合成プラットフォーム

ハイスループット

  • 自動化された作業ステーション
  • 効率化された手順

カスタムサービス

  • アイソタイプ や種に関する制限はない
  • 多くの発現システム

作業フローチャート

遺伝子合成

プラスミドの構築及び準備

トランジェント発現

アフィニティー精製

厳密な品質管理

速い配達

ハイスループットリコンビナント抗体発現
サービスの詳細

ステップ 詳細 作業時間 納品
遺伝子合成とクローニング
  • コドン最適化と遺伝子合成
  • 発現ベクターへのサブクローニング
  • プラスミド増幅と調製
1週間
  • GOIを含む発現ベクター
  • 精製された抗体(SDS-PAGE>95%、エンドトキシンレベル<1EU/mg、SEC-HPLCレポート)
  • CoAレポート
トランジェント発現と精製
  • 哺乳類細胞へのトランスフェクション
  • トランジェント発現と精製
1週間
サービス 発現サイズ 作業時間 納品
スモールスケールパッケージ 1ml~ 8日
  • GOIを含む発現ベクター
  • 精製された抗体(SDS-PAGE>95%、エンドトキシンレベル<1EU/mg、SEC-HPLCレポート)
  • CoAレポート
ハイスループットリコンビナント抗体発現 30ml~ 2週間
ラージスケール抗体生産 4L~150L 2~4週間
CHO-K1安定細胞株作製 1g~ 2~4カ月 安定発現細胞株、CoAレポート

事例研究

  • Case 1: 818 Abs (IgG) production
    Yield
    Purity
    Biointron finished the production of all 818 IgGs within 2 weeks.
  • Case 2: VHH antibody expression (Expressing data from 180 VHH-Fc)
    Antibody

    Expression System: CHO、

    SDS-PAGE Purity: > 98%、

    SEC-HPLC Purity: > 95%、

    Deliveries:> 1 mg/VHH antibody、

    Average: 218 mg/L

“I am proud to oversee our featured 2-week high-throughput recombinant antibody production process. Our unrivaled timing does not compromise on quality, and we have over 1500 happy customers.”
Zhaohao Teng
Zhaohao Teng
HTP Antibody Production Team

FAQs

  • What are recombinant antibodies?

    Recombinant antibodies are monoclonal antibodies produced in vitro through synthetic genes and antibody fragments, instead of using hybridomas. They can take several different formats, such as full-length immunoglobulins (Ig), monovalent antibody fragments such as single-chain fragment variable (scFv) and fragment antigen-binding (Fab), and multimeric diabodies (dimeric scFvs) or triabodies (trimeric scFvs).

  • What is HTP technology?

    High-Throughput Production (HTP) technology involves the use of automated systems and advanced biotechnological methods to produce large quantities of antibodies in a short timeframe. It is essential for meeting the high demand for therapeutic and research antibodies used in various treatments, including cancer therapy, autoimmune diseases, and infectious diseases.

  • Why use HTP methods?

    High-throughput (HTP) recombinant antibody production is the rapid generation of large numbers of recombinant antibodies. This enables the acceleration of research, paving the way towards clinical trials, as well as streamlining the discovery and development processes.

Recombinant Antibody, 組み換え抗体, リコンビナント抗体, Recombinant Antibody, 組み換え抗体, リコンビナント抗体, Recombinant Antibody, 組み換え抗体, リコンビナント抗体

カスタムサービス&プロダクト品

お客様の利便性を向上させるためにクッキーを使用しています。詳しくは プライバシーポリシー をご覧ください。