CHOK1BN商用ライセンス CHOK1BN商用ライセンス

CHOK1BN商用ライセンス

Commercial License for CHOK1BN
  • 基本的なCD培地で適応化
  • 高い安定性と生産性を実現
  • 様々な抗体フォーマットに適合する

サービス概要

CHOK1BN細胞株は、ECACCから提供され、CD培地での懸濁培養に特化して適応されたもので、抗体関連研究において有用です。この細胞株は、元のCHO細胞株から完全にトレース可能であり、商業利用のためにサブライセンスすることができます。中国とアメリカの両方の登録要件に準拠しており、抗体の開発と製造において信頼性がありアクセスしやすい選択肢となっています。さらに、ライセンスは永久的で取り消し不可能です。

CHOK1BN商用ライセンスサービス概要

ハイライト

基本的なCD培地で適応化

  • 基本的なCD培地で懸濁培養されています。
  • 他の様々な培地処方にも適応可能です。
  • 柔軟性があるため、特定の抗体作製ニーズに最適な培地を選択できます。

高い安定性と生産性を実現

  • 抗体収量>10g/L
  • CHOK1BNの安定性と生産性は、バイオ製造プロセスを簡素化し、より効率的な生産をもたらします。

様々な抗体フォーマットに適合する

  • CHOK1BNの商業ライセンスは、多様なアプリケーションに対応しています。
  • この細胞株の汎用性により、様々な生物製剤を探索することができるます。

サブライセンス

BiointronのCHOK1BN細胞株はECACCからライセンスされています。(契約番号 BYC-SHSWZP211027)

  • プロジェクトに基づくサブライセンス料金は、お問い合わせください。
  • ライセンスは永続的で取消不能です。
Licensing with Biointron

サービスの詳細

提供内容 詳細
ホスト細胞株
  • CHOK1BN cell line
ドキュメンテーション
  • ECACCライセンス注文書、インボイス原本、COA、通関レポート
  • 懸濁培養適応レポート
  • 細胞バンキング検出レポート(無菌試験、マイコプラズマ試験、ウイルス汚染の検出のためのin vitroアッセイなどを含む)
  • FBS (Fetal Bovine Serum)とトリプシンのCOA(品質保証書)
プロトコル
  • 細胞培養プロトコル
  • 細胞株開発プロトコル(トランスフェクション、細胞プールスクリーニング、および細胞クローンスクリーニングを含む)

FAQs

  • What is a CHOK1BN cell line sublicence?

    A CHOK1BN cell line sublicense is a legal agreement that allows a third party (the sublicensee) to use the CHOK1BN cell line, which is owned by another entity (the licensor), for purposes such as research, development, or commercial reasons.

    Sublicensing allows the original licensor to expand the reach and potential applications of their cell line technology while providing the sublicensee with access to valuable research tools or resources. It is a common practice in the biotechnology and pharmaceutical industries, where cell lines are frequently used as essential tools in various scientific endeavors and therapeutic development.

  • What applications use a cell line sublicence?

    There are numerous applications for the use of the CHOK1BN cell line sublicense, including drug discovery and development, biomanufacturing, diagnostic development, genetic engineering, viral vector production, and in vitro disease modeling.

  • What are CHO cells?

    Chinese hamster ovary (CHO) cell lines are derived from the ovary of adult, female Chinese hamsters. CHO cells were first established in 1957 by T. Puck, and were subsequently multiplied and optimized in vitro, allowing it to be cultured indefinitely. The CHO-K1 cell line was derived as a subclone from that parental CHO cell line. They are typically the preferred host expression system for recombinant antibodies due to their advantages in producing complex therapeutics and manufacturing adaptability.1

参考文献一覧

  • Gamper, N., Stockand, J. D., & Shapiro, M. S. (2005). The use of Chinese hamster ovary (CHO) cells in the study of ion channels. Journal of pharmacological and toxicological methods, 51 (3), 177–185. https://doi.org/10.1016/j.vascn.2004.08.008

カスタムサービス&プロダクト品

お客様の利便性を向上させるためにクッキーを使用しています。詳しくは プライバシーポリシー をご覧ください。