哺乳類発現系でのタンパク質発現 哺乳類発現系でのタンパク質発現

哺乳類発現系でのタンパク質発現

Recombinant Protein Expression
  • お得な作業料金
  • 豊かな経験
  • 短納期:2週間から

サービス概要

リコンビナントタンパク質発現は、治療薬の開発や基礎研究において、大きな需要があります。特に、バイオテクノロジーや製薬企業では、これが人間の疾患治療の革新的手法として注目されています。産業だけでなく、学術研究グループもリコンビナントタンパク質を機能解析や3D構造解析に利用しています。


Biointronは、CHO-K1およびHEK293細胞を使用した哺乳類細胞系を通じて高品質な発現サービスを提供しています。哺乳類タンパク質発現システムは、複雑なタンパク質の生成能力や翻訳後修飾(PTM)の可能性に加えて、抗原の準備や抗体の発見、構造と機能の研究など、さまざまな用途でよく利用されます。


大腸菌(E. coli)は、細胞培養が迅速で遺伝子操作も容易な利点を持つ信頼性の高いホストとして、細菌性タンパク質発現にも利用できます。E. coliは多様なタンパク質の生成に優れた実績を持っています。バイオイントロンの組み換えタンパク質発現プラットフォームは、柔軟性、コスト効率、迅速な生産能力を備えた高品質のタンパク質を提供しています。

哺乳類発現系でのタンパク質発現サービス概要

哺乳類細胞における発現の仕組み

哺乳動物細胞システム技術による発現は、通常、ご希望の配列の合成から始まります。プラスミドベクターの構築後、CHOK1 (Chinese hamster ovary)細胞またはHEK293 (human embryonic kidney) 細胞への組換えベクターのトランスフェクションを行い、タンパク質の発現と精製を行います

大腸菌における発現の仕組み

大腸菌による発現は、目的のタンパク質の遺伝子配列を持つプラスミドの設計と構築から始まります。その後、プラスミドを標的宿主細胞に形質転換し、制御された条件下で培養して増殖を促進し、タンパク質の発現を誘導します。最適な発現レベルに達した後、細胞を溶解してタンパク質を遊離させ、クロマトグラフィーを含む様々な技術を用いて精製します。

アプリケーション

哺乳類細胞を介した発現は、臨床利用のための主要なリコンビナントタンパク生産システムであり、臨床開発中のバイオ医薬品候補が数百あります。

ハイライト

お得な作業料金

  • 価格は他社と比較して50%安いです。
  • 追加費用は発生しません。
  • 所有権はお客様に帰属します。

豊かな経験

  • 20,000例以上のタンパクを提供した実績があります。
  • 成功率は95%以上です。
  • 哺乳類発現だけではなく、Ecoli発現も田泓可能です。

短納期:2週間から

  • 全作業が2‐3週間で完了になります。
  • 1バッチで2,000個のタンパク質分子を生産できます。
  • 生産、分装などが自動化されました。

作業フローチャート

遺伝子合成

プラスミドの構築及び準備

トランジェント発現

アフィニティー精製

厳密な品質管理

速い配達

哺乳類発現系でのタンパク質発現
サービスの詳細

ステップ 詳細 作業時間 納品
Gene synthesis
  • Codon optimization and gene synthesis
  • Subcloning into an expression vector
  • Plasmid amplification and preparation
2 to 3 weeks
  • Expression plasmid contain GOI
  • Purified Recombinant protein (SDS-PAGE and SEC-HPLC detection, endotoxin level <1EU/mg)
  • COA report
100ml Pilot study
  • Transfection of mammalian cells
  • 100ml pilot protein expression
  • QC analysis
Scale up production(1L-10L)
  • Large scale protein expression
  • Affinity purification
  • QC analysis
3 to 4 weeks
  • Purified Recombinant protein (SDS-PAGE and SEC-HPLC detection, endotoxin level <1EU/mg)

事例研究

  • Case 1: PD-L1 (Fc tag), Extracellular domain (19Phe-239Thr) expressed in CHO
    SDS-PAGE
    R: reducing condition;
    N-R: non-reducing condition;
    M: Marker
    Detector A Channel 2 280nm
  • Case 2: CD137 (His tag), Extracellular domain (Glu19-Sr184) expressed in HEK293
    recombinant-case2-1
    R: reducing condition;
    M: Marker
    recombinant-case2-2

    Human CD137L/mFC; Human CD137/ His;

    Recombinant Human CD137/His is captured on Protein A chip, can bind to Human CD137L/mFc.

    recombinant-case2-3

    Log Human CD137, His tag EC50=4ng/ml

    CD137 is immobilized at 2µg/mL (100 µL/well), it can bind to Utomilumab. The concentration for 50% of maximal effect(EC50) of is 4 ng/ml.

    recombinant-case2-4

    Log Human CD137, His tag EC50=20ng/ml

    CD137 is immobilized at 2µg/mL (100 µL/well), it can bind to Human CD137L. The concentration for 50% of maximal effect(EC50) of is 20 ng/ml.

“We tailor our services according to the client’s needs – we offer the use of either CHOK1 or HEK293 cells for recombinant protein expression. Every successful expression is a step closer to redefining the possibilities in biotechnology and, ultimately, in improving lives.”
Yiyang Ge
Yiyang Ge
Biointron Scientist

FAQs

  • Why use mammalian cell-based protein expression?

    Using a mammalian host system is ideal for producing recombinant proteins in the most physiologically native structure and environment, as it allows for post-translational modifications, such as glycosylation and phosphorylation, or proper folding, if needed for therapeutic use in humans.

  • What is the difference between CHO-K1 or HEK293 cells?

    Biointron offers both CHO-K1 and HEK293 cells for expression via mammalian cell systems, depending on your needs. Typically, we recommend using HEK293 cells for fusion proteins, for better purity. However, for antibodies, we generally recommend CHO-K1 cells for a higher yield.

  • Why are CHO cells frequently used for mammalian protein expression?

    CHO cells are suspension-adapted and can grow well in basic serum-free CD media, thus permitting volume scalability and safety from potential contamination through serums. CHO cells also provide a high yield and cell density, as well as being amenable to genetic manipulation.3,4

参考文献一覧

  • Malm, M., Kuo, C., Barzadd, M. M., Mebrahtu, A., Wistbacka, N., Razavi, R., Volk, A., Lundqvist, M., Kotol, D., Tegel, H., Hober, S., Edfors, F., Gräslund, T., Chotteau, V., Field, R., Varley, P. G., Roth, R. G., Lewis, N. E., Hatton, D., . . . Rockberg, J. (2022). Harnessing secretory pathway differences between HEK293 and CHO to rescue production of difficult to express proteins. Metabolic Engineering, 72, 171-187. https://doi.org/10.1016/j.ymben.2022.03.009
  • Haldankar, R., Li, D., Saremi, Z. et al. Serum-free suspensin large-scale transient transfection of CHO cells in WAVE bioreactors. Mol Biotechnol 34, 191–199 (2006). https://doi.org/10.1385/MB:34:2:191
  • Khan, K. H. (2013). Gene Expression in Mammalian Cells and its Applications. Advanced Pharmaceutical Bulletin, 3(2), 257-263. https://doi.org/10.5681/apb.2013.042
  • Gray, D. (1997). Overview of Protein Expression by Mammalian Cells. Current Protocols in Protein Science, 10(1), 591-5918. https://doi.org/10.1002/0471140864.ps0509s10

カスタムサービス&プロダクト品

お客様の利便性を向上させるためにクッキーを使用しています。詳しくは プライバシーポリシー をご覧ください。